探偵

浮気・不倫証拠調査・費用比較 探偵おすすめ

 

 

 

 

 

 

 

たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、契約前にいくつかの会社に見積りしてもらうことが、後悔のない会社選びに繋がると思います。

 

 

それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、余計なことに調査時間を費やさずに済み、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。

 

一番多いのは浮気の調査ですね。

 

 

 

もちろん、その証拠を集めるには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が不可欠だと思います。

 

 

その上、突発的な事態に対し、素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、最大限の用心をしつつ調査につくのは言うまでもありません。

 

 

 

不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストは気にするなというほうが無理でしょう。無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。信頼できるかどうかも分からないし、一人で行くのは怖いという人は、営業所のかわりに、人の出入りが多いファミレスやカフェで顔合わせするという手段もあります。
不当な契約の強要の防止につながるからです。

 

ネットで検索すると探偵社がたくさん出てきて困っていませんか。
人が動く範囲は決まっていますから、地域を意識して、インターネットで調べれば、数はかなり絞り込めます。
そこそこ絞り込みができたら、相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。いくら悩んだところで実際に話してみなければ、良さそうな探偵社かどうかなんてわからないですからね。

 

調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーかというと、そうでもないです。
全国展開している大手などでは代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。

 

クレカの利用明細の表記で探偵だと分からないようにしているところも多く、履歴から調査会社を使ったことが配偶者に知られることもありません。支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵を雇うには、探偵業を行っている企業の営業所等に申し込むのがもっとも確実です。
質実ともに良い会社に調査をしてもらうには、1社だけでなく複数の業者をみてみることがコツです。

 

 

調査に定価はなくても大体の見込み価格程度は理解しておきたいですね。不当な請求を行う業者から身を守る予防線のようなものです。

 

浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。

 

 

 

それにはただストレートに聞いてみるだけでいいのです。嘘を言うときには人はカラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。ちょっと質問しただけなのに、懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。やましいと思っているほど、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。

 

 

 

目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでもよく分かりますよ。不倫の行き着く先って色々ありますよね。浮気の事実が知られ、離婚されたり、高額な慰謝料を要求される場合もあるわけです。

 

 

 

倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚する例もないわけではありません。やっとの思いでゴタゴタを片付けても、不倫でハッピーエンドになることは期待するだけ無駄です。懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、なにげに不倫に進展することが本当に多いです。

 

 

 

かつて好きだった人と気軽に喋れたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから当初は男女を意識せず、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。クラス会や同窓会後に相手の様子がおかしければ、浮気を疑ったほうがいいでしょう。会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。

 

証拠がなければ調査料金の請求もなくて、なんだかとても「得」に見えますよね。ただ、不倫そのものがないのではと思われるときや、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、引受できないということもあるようです。また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、意外な高額請求になる場合があるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。

 

 

 

はからずもご主人の浮気が露見した場合、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、気を鎮めることを優先しましょう。いまさら夫婦関係を続けていくことに抵抗があれば、やはり離婚や慰謝料についても考えておく必要があるでしょう。

 

 

 

相手と話し合いの場を設け、今後のことについて話をしておきましょう。
自分と調査相手の情報を伝えなければ、探偵に不倫調査をしてもらうことは不可能ですから、なるべく信用のおける業者を選びたいものです。

 

安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで想定外な事態や不愉快な結果を招くおそれがあります。そんな状態を避けるために、依頼前に情報収集を行い、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。そこで目安になるのは「地域」です。

 

 

誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、地域を意識して、ウェブで検索してみると良いでしょう。

 

そこそこ絞り込みができたら、直接電話で調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。現場の人と話をしてみないことには、信頼できる探偵社かどうかわからないです。

 

電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。

 

 

 

子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたんですけど、子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、不倫関係をもつようになりました。
子供ができてから今までの間、まったり主婦ライフを送っていたため、外出、電話、メールが増えて、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、私のほうは慰謝料請求された上、離婚するという結果になり、後悔しています。

 

いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。

 

よくあるのは、パートナーの不倫の追尾調査で追尾対象の行動的にシロだったという事例です。
ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、証拠をあげられないというケースもないわけではなく、依頼する探偵社の質や評判を事前にリサーチしておくのが大事です。そして面倒がらずに探偵にじっくり相談するのも結果に大きく影響してくると思います。近頃ではスマホが元で隠し続けていた浮気がバレるという例も増えています。

 

 

高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、ラインのトークやメールなどに不倫の履歴が隠れていると考えるのが妥当でしょう。
ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーと思っていいでしょう。

 

武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、不倫調査などのように具体的な仕事をこなすには、相応の能力や習熟が必要でしょう。
スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところでは実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもあるそうですし、格安というところは注意したほうが良いでしょう。支払った額にふさわしいスキルを持つ調査員に仕事してもらうことが確実な成果につながるのです。浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してしまうという常習性のようなものがあるようです。ひそかに不倫しているところを見られて、反省の態度は見せるのですが、裏では不倫相手と会うチャンスを狙っている可能性はおおいにあります。
不審な行動に気づいたら、興信所などを使って調査してもらい、不倫相手との交際がはっきりわかるような証拠を握って、決着をつけてもらいましょう。
不倫をしでかした配偶者を最大限に懲らしめるには、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、きちんと裏をとっておけば、後はとことん締めあげてやるまでです。

 

 

ときには浮気の相手方の職場やPTA、親族などに密告する人もいるようです。

 

 

 

職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、ろくな結果にはならないでしょう。

 

配偶者に浮気をしていることがバレたときは、慰謝料の支払いが発生することもあります。
浮気の証拠を提示されてしまえば、言い逃れはできないです。

 

 

だいたいの支払額ですが、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと大きな違いがあるようです。

 

払える見込みが立たないときは、減額が可能かどうか相談してみることはできます。

 

結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届くこと事体、ありえないことではありません。一般的に慰謝料というと、向こうが離婚したかどうかで相応の差が出てきます。

 

 

 

仮に離婚せずに慰謝料として高額な金銭を要求されたら、すぐ返事をせず、弁護士に相談するようにしてください。

 

当人たちからすればリフレッシュやお遊びでも、妻にとっては人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。そんな身勝手な行動をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。

 

浮気の証拠といったら、やはり一番にあげられるのは携帯(スマホ)ですね。

 

ライン、メール、フリーメールなどを駆使して浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。
広告は見るものの、探偵を頼むことはあまりないですよね。いざ配偶者の浮気を調べてもらうにも、どこが良いやらピンとこないのがあたりまえでしょう。興信所や探偵業を開業する際は公安委員会に届出が必須で、認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、まともに届出を出している会社なのかは、この番号で分かるというものです。少なくとも会社のサイトや広告等に番号があるかどうかはチェックするべきです。
近年SNSの利用者が急増しているせいか、それが元で不倫が判明するケースが増えています。配偶者がスマホを片時も離さずSNSをチェックしたり、こそこそ更新していたら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっている可能性が高いです。

 

SNSに対する不審な行動があるかどうかは浮気に気付く材料とも言えます。もし配偶者が不倫している疑いがあり、使ったこともない探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、一律いくらとか安価なところは魅力的です。確かに安さは悪いことではありませんが、安すぎる時は用心したほうがいいです。
安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っているパターンもあるわけですから、契約する前に、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。

 

全国展開している大手業者であっても、最高だとかは言えませんけれども、やはり規模が大きめの探偵社(興信所)に頼むと損はないと思います。
小さな事務所の中には、充分な調査をせずに代金の支払いを求めてくる会社やコストテーブルの説明すら濁すところもないわけではありません。
そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、依頼する上では参考になるでしょう。昔の探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。

 

顧客は一見さんが多く、手抜きはバレないだろうと思われていたからです。
でも、今は違います。インターネットが普及し、まともな会社かそうでないかはクチコミ評価などを見て判断することができます。

 

 

 

代金をケチって肝心の調査がダメでは元も子もありませんし、高額なのにそれに見合っていない業者に依頼するというのも馬鹿げています。

 

結局のところ、品質と料金が釣り合ったところを見つける手間を惜しまないことが大切です。

 

 

 

探偵に調査を依頼するなら、あとで後悔しないよう、調査相手の居住地に近い業者に限って探してみると良いでしょう。
地域のことをよく知っていれば、詳細な調査ができますし、報告書の内容がより克明になります。

 

 

 

また、依頼する案件によって得意、不得意の差が出ることですから、先にウェブで情報収集しておき、代表電話などで相談してみるのがいいでしょう。悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。

 

 

 

詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは注意したほうがよいでしょう。

 

 

 

一度断ったのに、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのは、悪徳業者にはよくあることです。誠実な探偵業者は人を不安にさせるようなことはしないはずです。

 

不倫していたことが問題になって別れる際の条件で揉めに揉めてしまい、離婚調停にまで発展することは、けして珍しいことではありません。

 

 

とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて第三者がいる場所で公平に意見を出し合う機会が設けられるため、当事者のみではもつれがちなことでも、円滑で現実的な話し合いになる点で頼もしいシステムです。普段どおりのあなたのままで大丈夫です。

 

 

 

私は大手探偵社の調査員をしていますが、比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。
証拠を押さえるためには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が不可欠です。想定外のことがたくさん起きますし、それを即座に判断して行動する応用力も必要です。

 

 

 

特に、調査対象やその周囲に不倫調査を悟られてしまうと、多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、細やかな注意を怠らないことは言うまでもありません。
探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、浮気の追跡調査です。そんな仕事を例に、プロの仕事を取り上げてみました。一番多い手法としては、まず、追跡します。いわゆる「尾行」です。

 

依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、浮気しそうな日を絞って不倫の証拠写真を撮影したりします。不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは苦しいかもしれません。

 

つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否するケースも充分にありえるからです。
そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。思いこみで裁判に負けることは本意ではないはず。だからこそ、しっかり調査することをおすすめします。不倫調査で興信所を利用するなら、平均的な料金は調べておいたほうが良いです。
依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者に引っかからないためにも必要なことです。

 

 

また、安価な価格設定で顧客を誘い、追跡調査時の経費や機器代など、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、依頼する前にオプションを含む料金体系を、納得がいくまで確認すると良いでしょう。

 

興信所に浮気調査を依頼すると、私たちがドラマなどで見覚えたようなやり方で調査をすることも、ないわけではありません。
尾行や張り込みはもちろん、相手の行きつけの場所や時間を割り出し、必要があれば周囲に聞き込みなどをして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。
また、社外秘ということで教えてくれない調査方法もあるのは事実です。